海外旅行の人気復活 JTB予約は4~5割増

印刷

   2009年4月から燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)が大幅に下がることなどから、欧州方面への海外旅行のニーズが高まっている。JTBが販売する欧州方面の「ルックJTB」は、3月上旬時点での予約数が4月は前年同月比4割増、5月は5割増。広報担当者は、

「サーチャージの値下がりに加えて、円高が追い風になっています。安価商品をたくさん揃えたことも功を奏しました」

と話している。

   エイチ・アイ・エスは「海外旅行応援キャンペーン」を4月3日まで東日本地区全店舗で行っている。ニューヨーク、ロサンゼルス、パリなど、それぞれ5~6日間の滞在で、航空費、ホテル代、サーチャージ込みで10万円以下のプランが登場した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中