就職説明会に親「同伴」 「二人三脚」のイマドキ就活事情

印刷

   シャープ、日産自動車、ホンダ、全日本空輸など大手企業が2010年新卒採用数を大幅に減らすことを発表するなど、「就職」を巡る環境は日に日に厳しさを増している。そうした中、就職セミナーに親が同伴したり、保護者向けに説明会を行なったりする大学も出てきた。「二人三脚」で就活を乗り切ろうというわけだ。

保護者の約3分の1が大学の就職説明会参加

   ものつくり大学(埼玉県行田市)は、毎年秋に学生向けに就職ガイダンスを開いているが、2008年10月は保護者も招いた。就職希望学生の保護者の約3分の1が参加した。

   学生課の宮本伸子課長は、理由をこう説明する。

「07年度までは売り手市場だったのに、一変して難航を極めています。景気動向や求人状況、今後の就職戦線の予想などを保護者に説明し、家庭のサポートが重要であることを訴えました」

   説明会は平日に行われたにもかかわらず、就職希望学生の保護者の約3分の1にあたる80人が参加。関東圏外からも訪れ、関心の高さが窺える。

   広島経済大学は毎年7~8月に行っていた保護者向け就職説明会を、09年は5月に早める。キャリアセンターの担当者は、「採用状況が厳しくなってきて、保護者から時期を早めて欲しいという要望があった」と説明する。

   日本福祉大学は、就活用パンフレット「P.S.就活中」を08年12月に創刊し、保護者に送付した。学生、保護者、大学が就職情報を共有して、ともに苦境を乗り切ろうという狙いだ。

   2010年新卒採用は深刻だ。製造業大手は軒並み大幅に減らすことを発表している。また、帝国データバンクが1万658社に実施した雇用動向に関する意識調査によると、09年4月~2010年3月入社の正社員(新卒・中途)の採用を「増やす」と回答した企業は1191社で、全体の1割強にとどまった。一方、「採用予定なし」は4893社で、45.9%にのぼる。企業の経営環境が急速に悪化し、採用意欲が大幅に低下しているようだ。調査は09年2月18日~28日に実施した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中