2022年 1月 21日 (金)

破綻観測まで出るNYタイムズ 新聞はもうだめなのか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米新聞第3位のニューヨーク・タイムズ紙の経営が危ぶまれている。ここ数年の部数減と広告不振に加えて、金融危機が直撃して、収益は急激に減少。頼みの綱だったインターネット関連の収入も落ち込み、破綻か、買収か、といった声も聞かれる。

頼みのネット事業収入も落ち込む

   米国の人気ブログ「シリコンアレー・インサイダー」は2009年3月4日、「ついにニューヨーク・タイムズに買い手が!」というタイトルの記事をアップした。「ニューヨーク・タイムズはついに、(同社の)株価がゼロになると考えていない、豊富な資金力をもつ友人を見つけたようだ」と書き出し、株価の動きや取引量から、「誰かがニューヨーク・タイムズを買っている。誰だ?」と締めくくっている。この話がどこまで本当かは定かではないが、ニューヨーク・タイムズの株価がゼロ、つまり破綻が現実のものとして語られているのだ。

   実際同社は、09年5月に返済期限を迎える4億ドルの資金調達に苦労しているという。08年10月時点で現金準備高が4600万ドルしかなく、傘下のボストン・グローブ紙や、メジャーリーグ球団・ボストンレッドソックス株、その他資産の売却がささやかれていた。また、一部にはグーグルやマイクロソフトが買収に乗り出すのでは、という噂もあったようだ。

「5年後にもニューヨーク・タイムズが紙で発行しているかどうか、私には本当に分からない。(紙でも、ネットでも)私はどちらでも良いんだけどね」

   米ニューヨーク・タイムズ紙のチェアマン、アーサー・サルツバーガーJr.氏は2007年、スイスのダボスで開かれた「世界経済フォーラム」の中でこう語ったという。確かに、ネットの取り組みは米国の新聞社の中でも一番進んでいた。だが今、その頼みの綱さえも苦境に陥っているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中