大阪・橋下知事、教員の国歌斉唱時の不起立に厳正対処の考え

印刷

   国歌斉唱時の不起立で教員が処分されたことについて、大阪府の橋下徹知事は2009年3月18日、ルールを守らない教員には厳正に対処する考えを明らかにした。この日の府議会の教育文化常任委員会で、質問に答えた。

   卒業式などでみられる教員の不起立について、橋下知事は「まったく理解できない。教育現場が治外法権だという間違った考え方を持っているのではないか。『ルールを守れ』と言い続けている教員がこれでは、子供たちに示しがつかない」と批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中