日通など物流12社に課徴金90億円 航空貨物カルテルで

印刷

   公正取引委員会は、日本通運(東京)など物流14社が価格カルテルを結んでいたとして、2009年3月18日、独禁法違反(不当な取引制限)を認定し、そのうち12社に排除措置命令と計90億5298万円の課徴金納付命令を出した。

   公取委の発表によると、各社は、国際航空貨物をめぐり、航空会社が運賃に上乗せする燃油サーチャージを、そのまま貨物運賃に転嫁するなどのカルテルを結んでいたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中