2018年 7月 22日 (日)

畠山鈴香被告、2審も無期判決 秋田の連続児童殺害事件

印刷

   秋田の連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた畠山鈴香被告(36)の控訴審判決で、仙台高裁秋田支部は2009年3月25日、無期懲役とした一審を支持し、検察側と弁護側双方の控訴を棄却した。竹花俊徳裁判長は、長女の彩香さん(当時9つ)への殺意があったと認定した。

   検察側は死刑を求刑し、弁護側は有期の懲役刑を求めていた。起訴状によると、畠山被告は06年4月、彩香さんを橋の欄干から川に突き落として殺害。同年5月には、近くに住む米山豪憲君(当時7つ)の首を絞めて殺し、遺体を川岸に捨てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中