2019年 9月 21日 (土)

株価動かすネット掲示板の「口コミ」 早大生チームの調査で判明

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   株取引をインターネットで行う個人投資家が増えているなかで、ネット掲示板に掲載されている「口コミ情報」が株価に影響を与えていることが、早稲田大学商学部の学生チームの調査によって明らかになった。インターネットの普及によって、消費者がネット情報で購買意欲をかき立てられるように、投資家もネットの情報をもとに投資行動を起こすと考え、検証した。ネット掲示板の投稿(カキコミ)が増えれば株の取引量も活発になるが、その半面、「誤った情報に引きずられる可能性がある」とも指摘している。

カキコミで増えた取引量は月間出来高の11.7%にのぼる

「そろそろ売りですね」
「権利落ちの日です。続伸は好ましいですが、もう調整局面ですよね」
「もう少し辛抱してほしいな」

   こういった「口コミ情報」が、株取引に大きな影響を与えている。早大商学部の広田真一教授のゼミに所属する4人は、ネット掲示板の投稿と株式市場の関係を検証したいと考え、「インターネット掲示板が株式取引に与える影響―実証分析」をまとめた。

   日経225に含まれている企業(合併、上場廃止などを除く)を対象にサンプルを集め、「インターネット掲示板の投稿数が増加すると、株式の取引量の指標である出来高も変動するのでは」という仮説をたてて、2007年度のYAHOO!ファイナンスの掲示板にあるカキコミを分析した。

   それによると、掲示板へのカキコミが1件増えるごとに、株式の出来高は2万3000株増えた。07年度は1銘柄あたり月平均610件のカキコミがあり、カキコミの情報によって増えた取引量は1銘柄で1412万株にも上り、月間出来高の11.7%を占めた。

   見方を変えれば、ネット掲示板の情報がなければ、全体の取引量のうちカキコミの影響を受けてなされた約12%もの取引もなかったことになる。

   レポートでは、「ネット掲示板のカキコミ情報が取引量に与える影響は強く、無視できない」と報告。広田教授も、「掲示板のカキコミが株取引に影響を与えていることは確かだ」とお墨付きをあたえている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中