タミフルの異常行動、リスクが1.54倍 厚労省研究班が結論

印刷

   インフルエンザ治療薬のタミフルについて、厚生労働省研究班による最終報告書の内容が2009年4月18日明らかになった。その中で、研究班は、タミフルを服薬した10歳以上の子どもが、そうでない子どもに比べ、飛び降りなど異常行動をするリスクが1.54倍高いと結論づけた。これで、現在は原則中止している10歳代へのタミフル投与は、再開が難しい状況になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中