非正規労働者、20万人以上失職か 厚労省の見通し

印刷

   厚生労働省は2009年5月1日、08年10月から09年6月までに失職する非正規労働者の数が20万7381人に達する見通しだと発表した。全国のハローワークなどを通じて、4月17日現在のデータを集計した。内訳は派遣社員が13万2458人と最も多く、契約社員4万4250人、請負1万6189人と続いた。月ごとに見ると、08年12月に失業したのが4万8545人と最も多く、次に多いのが09年3月の4万4786人だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中