中卒元ニート女が書くネット長編 「うちの母ちゃん凄いぞ」に感動沸騰

印刷

   中卒で元ニートの23歳女性「クズ子」が「2ちゃんねる」に書いた長編がネット上で感動を呼んでいる。本当にダメな生活を送る「クズ子」が、超人的な「母ちゃん」や周辺の人々に支えられながら立ち直っていく。その姿に、ネットユーザーたちが共感しているようだ。

時給800円のパートから部長にまで上りつめる

   「2ちゃんねる」に「うちの母ちゃん凄いぞ」というスレッドが立ったのは2009年4月16日。「ちょっとお前らに母ちゃんを自慢したかったのでスレ立てた」として、「クズ子」が9歳だった頃から語りを始める。

   高収入だった「オヤジ」がバブル崩壊で借金を抱え、取り立てにおびえる日々が続く。そんな家の混乱に耐えられず、「クズ子」は無意識のうちに自殺未遂をしてしまう。妹は不登校になり、「オヤジ」と「母ちゃん」は離婚。こんな展開に2ちゃんねらーたちも、「怖え」「嫌な予感がしてきた」と、最初は暗い反応だった。

   そんな「葬式みたいな家」で「母ちゃん」は缶工場での仕事と家事を、「子どもを守る、という一心で」朝5時から深夜まで働いて切り盛りする。「寝るよりも出世したい」という頑張りで、時給800円のパートから部長にまで上りつめる姿が丹念に描かれている。その頑張りの理由を「母ちゃん」は「クズ子」にこう表現する。

「例えばそこに水があって、ここは砂漠で、この水を飲まなきゃ死んでしまう。でも水はひとつしかない。そんな時、母ちゃんという生き物は迷わず子供へその水を差しだすんだ」

そんな「母ちゃん」の子どもへの愛と、超人的な働きっぷりに、「とにかくすごい」「かっけぇ…」「俺も母の日になんかしよう」と徐々に2ちゃんねらーたちも心を動かされる。

   「クズ子」は、高校受験に失敗してニートになってしまう。ある時は兄の貯金箱に手をつけ、ある時は「数か月くらい」ひきこもるなど、酷い生活を繰り返す。頑張る「母ちゃん」とのコントラストで、「クズっぷりが見事」「あまりにクズで言葉を失うww」といった書き込みが相次ぐ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中