2019年 2月 20日 (水)

「マスク」買い占め続出 連休明けまで手に入らない?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   世界中で猛威をふるう新型インフルエンザから身を守ろうと、マスクを買い占める客が相次いでいる。品切れになったり、ゴールデンウィーク明けまで入荷しないという店もあり、消費者の間で不安が広がっている。一方、連休を返上して増産することを決めたメーカーからは「急なことで現場は大変だ」という戸惑いの声も上がっている。

インフルエンザ報道が目立ちだした4月26日頃から売れ出す

   国立感染症研究所によると、2009年5月1日時点でメキシコ、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、英国、イスラエル、スペイン、ドイツ、オーストリア、スイス、オランダで感染が確認されている。

   日本では今のところ確認されていないが、他国同様に流行する可能があると指摘する専門家もいる。

   主な感染経路は、くしゃみやせきを通じての飛沫感染だ。簡単にできる予防は手洗いと、うがいの徹底で、人が集まる密閉した場所に行かない、バランスの良い食事をして十分に睡眠を取り体力をつける、というのも有効だ。

   人気が高いのは不織布でできた使い捨てのマスクで、花粉用とウイルス対策用の2種類がある。花粉の直径が約0.03mmであるのに対し、一般的なインフルエンザウイルスは約0.0001mmと小さい。ウイルス用は3層構造になっていたり、特殊フィルターを使うなどして、ウイルスの侵入を9割以上カットする作りになっている。

   すでに、外出時にマスクを着用する人も増えている。実際、薬局やドラッグストアで不織布マスクを買い占める人も目立っており、品切れしている店もある。

   実際に行ってみると、東京・麹町にあるドラッグストア2店舗ではすでになくなっていた。ある店はレジ付近の壁一面にマスクコーナーを特設していたが、不織布タイプは1つも残っていなかった。

   いつ入荷するのかと聞くと、店員は、

「近日中に入荷する予定だが、どのくらいの量が入ってくるかわからない」

と答えた。

   また、マスクを買いに来たのか、空の棚を見て驚いている男性会社員もいた。欠品が続けば、消費者の間で不安が広がりそうだ。

   ドラッグストア大手のマツモトキヨシでも、マスクが一部売り切れている。

   広報担当者は、こう明かす。

「例年、花粉が落ち着くとマスクは売れなくなるんですが、新型インフルエンザの報道が目立ちだした4月26日頃から売れ出し、前年をはるかに上回る勢いです。通常は発注してから遅くても2日後に入荷しますが、メーカーによってゴールデンウィーク明けでないと入ってきません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中