2019年 8月 18日 (日)

島根は「左」で鳥取は「右」 知名度アップ作戦「まずは位置から」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   地味、影が薄い、どこにあるか分からない――そんな認知度の低い山陰地方の2県、島根県と鳥取県が、あの手この手を使って、知名度アップに取り組んでいる。

「そもそも場所はどこにある?」という切り口

「左右」、分かりますか?
「左右」、分かりますか?

   「鳥取は島根の右側です!」。そんなキャッチコピーが入った黒いTシャツが2009年4月20日から売り出されている。これは07年に制作され話題になった島根県のTシャツ「島根は鳥取の左側です!」の相乗効果を狙い、鳥取県が発売したもの。表には鳥取県の形と同県出身の漫画家、水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」があしらわれている。

   「右も左も分からないという声も。『え?石川のあたりでしたっけ』と言われたこともある」と悲しそうなのは鳥取県・観光政策課の担当者。今回の企画は、島根県のTシャツをたまたま目にした鳥取県知事が、双方でPRできれば、ということで実現したのだという。

「知名度アップのために地道な取り組みを続けてきましたが、発想を変えてまずは『そもそも場所はどこにある?』という切り口で、まずは位置を知ってもらう。そこから興味を持ってもらえればと思っています」

   鳥取県は漫画にゆかりが深い。前出の水木しげるさんや「名探偵コナン」の青山剛昌さんなどの出身地で、人気漫画「タッチ」や「ハチミツとクローバー」の舞台でもある。同課によると台湾、韓国などアジア各国での「まんが博」に出展、09年6月に韓国、ロシアと鳥取・境港を結ぶフェリーが就航することもあり、「海外からの観光客も見込めれば」と意気込んでいるそうだ。

   「水木しげるロード」がある境港市観光協会でも、トランペッター・日野皓正さんを迎えた「妖怪ジャズフェスティバル」や「妖怪そっくりコンテスト」など、妖怪に絡めたユニークな企画が功を奏し、60万人前後だった観光客を07年には148万人、08年には172万人に増やすことに成功。09年5月7日には、大型連休中(4月25日~5月6日)の入り込み客数が過去最高の24万5003人(08年比5.1%増)だったと発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中