新型インフル確認の中国、日本人16人を停留

印刷

   中国で初めて新型インフルエンザ感染が確認された男性(30)と同じ成田発北京行きのノースウエスト航空29便に乗っていた日本人16人がホテルなどに停留させられたことが2009年5月11日わかった。

   停留させられたのは、北京が12人、西安(陝西省)が3人、武漢(湖北省)が1人となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中