ソフトバンク、大量パケット利用者に「速度制限」へ

印刷

   ソフトバンクモバイルは2009年5月26日、同社のパケット定額サービスの加入者のうち、一定時間に大量にデータ通信をしている利用者に対して、通信速度を制限する試験を6月1日から行う、と発表した。一部の利用者が大量にデータ通信をすると、他の利用者の通信まで遅くなってしまう「ネット渋滞」が生じており、これを緩和するのが狙い。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中