2018年 7月 23日 (月)

全面喫煙OK喫茶店 有楽町と新橋に登場

印刷

   JR東日本が駅構内を全面禁煙するなど、タバコが吸える場所は少なくなるばかり。喫茶店でも分煙、禁煙がほとんどだ。そうした中で、全面喫煙OKの喫茶店がオープンした。思う存分タバコが吸え、愛煙家の評判になっている。

「お子様連れや20歳未満の方はご遠慮いただければ幸いです」

   喫茶店に限らず、喫煙者に対する風当たりは強まるばかりだ。JR東日本の首都圏エリアの駅構内では、全面禁煙が09年4月1日から開始。一方、JR北海道では、誤解を生むとして電子タバコさえも禁止措置をとった。また、全国乗用自動車連合会の調べ(09年4月1日現在)では、全国の法人タクシーの禁煙タクシー導入は前年比33.8%増だった。喫煙者が思いきり煙草を吸える場所は少ない。

   そんな中、全面喫煙ができる喫茶店として話題になっているのが「カフェトバコ」だ。08年10月に東京・有楽町店を、09年4月には東京・新橋駅前店をオープンした。ドアにも「【SMOKERS ONLY】当店は愛煙家のためのカフェです。お子様連れの方や20歳未満の方はご遠慮いただければ幸いです」と書かれている徹底ぶりだ。

   有楽町や新橋はサラリーマン街。仕事の合間に立ち寄る人には重宝されているようだ。個人のブログでも話題となっており、次のような書き込みがある。

「ここなら非喫煙者へ配慮することも無く、思う存分タバコが吸えます」
「分煙してないお店はいくらでもありますが、これなら嫌煙家の人が間違って入って不快な思いをすることもないだろうし、棲み分けの極意と言えるかも」
「まさに煙草吸いのためのカフェといった感じです(略)気兼ねなく煙草が吸えるっていいですね」

「落ち着いて煙草を吸える場所があってもよいと思った」

   なぜ、こうした全面喫煙をうたったカフェをオープンしたのか。運営会社の東和フードサービスの販売促進グループは、

「禁煙が主流の昨今、煙草を吸いたい人もいる。そうした人たちのニーズに応えたかった」

と話す。

   有楽町では街中の灰皿が撤去され、新橋の喫茶店は禁煙を打ち出している店も増えていた。新橋駅前は喫煙スペースがあるものの、「缶コーヒー片手に煙草を吸っている人も多かった。おいしいコーヒーを飲みながら、落ち着いて煙草を吸える場所があってもよいと思った」(販売促進グループ)という。

   サラリーマンやOLには評判が良いが、今後の新規出店については、地域を考慮しながら考えていきたいとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中