痴漢事件で逆転無罪 東京高裁判決

印刷

   女子高生の体を満員電車内で触ったとして強制わいせつ罪に問われたアルバイト、花田泰さん(23)の控訴審判決公判で、東京高裁(阿部文洋裁判長)は2009年6月11日、懲役1年4月の実刑とした東京地裁判決を破棄し、花田さんに無罪を言い渡した。

   「触られた」と主張する被害者の証言が争点となったが、阿部裁判長は、花田さんの手と被害者との距離などを考え、犯人が別人の可能性があると判断した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中