2018年 9月 25日 (火)

各社の世論調査で内閣支持率急落 「麻生降ろし」再燃か

印刷

   報道各社が2009年6月13、14日にかけて行った世論調査結果が15日に出そろい、麻生内閣の支持率が各社とも大きく下落した。朝日新聞社と共同新聞社の調査では20%を切った。この結果をうけて、自民党内では総選挙を戦えない、として「麻生降ろし」が再燃する可能性がでてきた。

朝日「民主党の好調が目立つ結果」

   朝日新聞社の世論調査によると、麻生内閣支持率は19%で不支持は65%。内閣支持率は、2月の調査で13%と最低を記録し、民主党の小沢一郎前代表の秘書が起訴された3月以降少しずつ回復。前回5月に行った調査では27%を記録していたが、8ポイントも急落した。日本郵政の社長人事問題で、鳩山前総務相を事実上更迭した麻生首相の対応に関しても、「評価する」が22%で「評価しない」が62%だった。

   また、「民主党中心の政権に代わるのがよい」が52%と初めて半数越え。「自民党中心の政権」を支持する23%を大きく上回り、「民主党の好調が目立つ結果となった」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック