2020年 8月 13日 (木)

「ハウステンボス」に「カジノ」 鳩山発言で設置機運高まる

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

年に100億円がカジノで消費されると試算

   佐世保市が作成した提案概要によると、HTB内に約500億円を投じてカジノホテルを建設。ただし、暴力団関係者の介入や周辺の治安悪化・ギャンブル依存症の拡大を防ぐという目的で、利用できるのはHTBを訪れた外国人観光客に限られる。それでも、長崎県を訪れる外国人観光客(95万人)の2割と「ホテル建設効果」による2万6000人を合わせた、年22万人の利用を見込んでおり、年に100億円がカジノで消費されると試算している。

   また、経済効果は初年度1000億円、2年目以降は年170億円を見込んでいる。

   提案では

「売り上げの一部など新たな税収が確保(収益課税、カジノ設置課税、ライセンス課税など)され、それらを地域活力の基盤強化とし、様々な活用が期待できる」

とあり、佐世保市としてもカジノを地域活性化につなげたい考えで、HTB広報室では、カジノが実現した際の方向性については

「アジアの富裕層が主なターゲットになるのでは」

と話している。

   内閣府は提案を受理した後、2~3か月で判断を示す見通しで、計画が認定されれば、佐世保市側は具体的な特区申請の作業に入る予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中