横須賀市長選、小泉元首相応援の現職候補が落選

印刷

   任期満了に伴う神奈川県横須賀市長選が2009年6月28日投開票された。無所属の新人で元市議の吉田雄人氏(33)が、現職で2期目を目指した蒲谷亮一氏(64)らを破り初当選した。投票率は45.22%。

   蒲谷氏は、告示直前から小泉純一郎元首相が2回にわたって応援演説をするなどの支援を受けていたが、支持が広がらなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中