2019年 3月 21日 (木)

あなたの会社は大丈夫? 「ブラック企業度」判定サイト

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   現在自分が働いている会社が「ブラック企業」なのかどうなのか、判定するサイト「ブラック企業.com」が話題になっている。アクセスも好調で、一部上場企業の社員も利用しているのだという。

「労働局などに相談してください」

   ブラック企業とは、「激務薄給」「ワンマン経営」「パワハラ・セクハラ」などが横行し、社員に対して過酷な環境下での労働を強いる企業のこと。2ちゃんねるでは「ブラック企業偏差値ランキング」が作られ、数多くの企業がランクインしている。

   「ブラック企業.com」は、自分の働いている会社の「ブラック企業度」を測定するという触れ込みのサイトだ。2009年6月23日にオープンした。「念書や承諾書をやたら書かされる」「給料の全部又は一部が現物支給にされた」「社内で違法行為が行われている」など25個の項目に「はい」か「いいえ」で回答すると、パーセンテージで「ブラック企業度」が出る仕組み。また、「現在就活中である」を選択すると、「入社の決定を焦らせる」「会社紹介で『夢』、『熱意』、『やる気』などの語が多用されている」などに変更されるようになっている。

   都内IT企業勤務の20代男性が、実際にやってみたところ、自社のブラック企業度は40%。

「もうブラック企業になるのは確実でしょう。会社の言うことや上司のいうことを真に受けないようにしてください。あなたがセクハラ、パワハラを受けている場合は記録を取って労働局などに相談してください」

という説明書きも出た。

「仕事柄拘束時間が長く、『終業時間』が事実上存在しないなど、ちょっと特殊だなとは感じていたのですが、まさかブラック企業だったとは」

と驚いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中