2019年 2月 23日 (土)

「100円ビール」の衝撃 キリンとアサヒ「PB出すことない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   小売り大手2社はビール業界でタブーとされてきたプライベートブランド(PB)に参入する。いずれもビールや発泡酒とは別の原料で作られた「第3のビール」で、イオンは350ml 缶を100円で、セブン&アイ・ホールディングスは業態により異なるが、同100~123円で売り出す。これによりビール各社のナショナルブランド(NB)が影響を被るのは必至だ。

イオン、構成比15%を目指す

左から「THE BREW ノドごしスッキリ」、「トップバリュ 麦の薫り」
左から「THE BREW ノドごしスッキリ」、「トップバリュ 麦の薫り」

   イオンが100円で売り出すのは、第3のビール「トップバリュ 麦の薫り」。全国のジャスコやサティ、マックスバリュなどグループ31社約3700店舗で2009年7月末に売り出す。

   価格は350ml 缶が100円、500ml 缶が145円。ただし、コンビニエンスストア「ミニストップ」などの一部の業態では100円より高くなる可能性がある。

   イオンは安さの理由について、1年前から計画して生産効率を上げたこと、メーカー倉庫、卸を通さずに工場からイオン物流センターに直接仕入れ物流コストを抑えたこと、を挙げる。

   販売目標は年間3000万本。同社が扱っている第3のビールのうち構成比15%を目指す。

   セブン&アイ・ホールディングスもPB「セブンプレミアム」から第3のビール「THE BREW ノドごしスッキリ」を、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、シェルガーデンの5社約1万2000店舗で09年7月下旬から発売する。

   セブン-イレブンでは350ml缶を123円で、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、シェルガーデンでは350mlの6缶パックを600円で販売する。

   販売目標は年間換算150万ケース(1ケースは350 ml缶24本入)に設定している。

   イオン、セブン&アイ・ホールディングスのPBともに、サントリーが製造する。サントリーでも第3のビールは「金麦」など4ブランドあり、「金麦」350ml缶は店頭で139~141円で売られている。広報担当者は、「金麦とPBは中身もコンセプトも違っているので大きな影響はないと思います」と話しているが、「カニバリズム(共食い)が起きないとは言いきれない」ともいう。また価格についても詰めている最中で、このタイミングでの発表に驚きを隠せない様子だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中