東国原知事、国政に意欲 「今回が絶好のチャンス」

印刷

   東国原英夫宮崎県知事は2009年7月1日、宮崎県高千穂町で行われた「県民フォーラム」で、国政転身への意欲を語った。

   また、東国原知事は前日6月30日のブログでも、「3年前、知事選に出馬することを決めたのも、ここ高千穂だった」として、国政への意欲をこう語っている。

「この国を変える、今回が絶好のチャンスなのである。これまで、中々変わらなかった、この国の在り方を変えるのだ。その為に、僕は、動いているのだ」

   ブログによると、県知事を1期つとめてから国政に行くのも遅くはない、とも言われているという。「しかし、この国を変えるチャンスがその時にあるかどうかをその方が担保出来るのだろうか? チャンスなんてそうそうは無い」と意気込んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中