2022年 5月 18日 (水)

「R25式モバイル」突然終了の「なぜ」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

モバイルサイトなのに、コストをかけすぎた?

   このように、R25の当事者は「モバイル広告へのニーズが少なかったこと」をサービス終了の理由としているが、「コストをかけすぎたのが敗因」と指摘する業界関係者もいる。ある大手サイトの幹部は、

「R25式モバイルは、立ち上げ時の交通広告の巨大プロモーションやニュースコンテンツの買い揃えなど、目の前の事業性に比べて、多額の費用をかけすぎたのではないか。ネット事業は小さく生んで大きく育てるものだが、そのセオリーと違っていた」

と指摘する。同様に、モバイルビジネスに詳しいITコンサルタントは次のように述べる。

「お金をかけすぎているのが明らかだったので、サービス終了と聞いても意外ではなかった。モバイルの場合は、まずスモールスタートで始めて、ユーザーの動きに合わせながらサイトを充実させていくほうがいい」

   ネットでは、R25式モバイルの終了を受けて、「無料勝手サイト終わりの始まり?」(はてなブックマークコメント)といった「広告モデルの携帯サイト」そのものに対する懐疑的な声も出ている。しかし、このITコンサルタントは

「R25の後にスタートしたミクシィやグリーのモバイル版が広告モデルで成功しているのだから、モバイルへの広告ニーズがないというのは言い訳にしか聞こえない。むしろリクルートのやり方が、モバイルビジネスに向いていなかったと見るべきだ」

と反論する。前述の大手サイト幹部も、モバイルでの「広告モデル限界論」には否定的だ。

「大手広告主のモバイルへのシフトは、むしろこれからが本番。ただ今のところは、デジタルコンテンツ販売などの広告主が多いので、損益分岐点をかなり低く抑えていかないと、事業として継続するのは難しいということだろう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中