2021年 10月 21日 (木)

シャープLED電球に注文殺到 ライバル「値下げ」で一気に普及?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   シャープは家庭向けLED(発光ダイオード)電球の発売開始を、当初予定の2009年7月15日から8月以降に延期した。4000円前後という価格設定が既存の商品よりかなり安く、予想を上回る注文があったためだ。長寿命で省エネのLED照明の需要の高まりを証明したもので、今後一気に普及が加速する可能性もある。

寿命は4万時間

シャープが発売するLED電球
シャープが発売するLED電球

   LED電球は従来の白熱電球よりも長寿命で、消費電力も少なく、次世代の照明として注目されている。09年春から白熱電球と代替可能な家庭向け製品が発売されているが、1個1万円を超える高価格が普及へのネックになっていた。

   そんな中シャープが6月11日、1個4000円前後と、従来製品よりも半分以上安い価格帯のLED電球を7月15日から発売する、と発表した。

   白熱電球の寿命が1000時間で、実売価格は約100円。それに対してLED電球は、寿命は4万時間なので、価格も40倍4000円なら消費者に受け入れられる、と考えたと同社広報はいう。電気代1円で11時間使用できるモデルもあり、数字を見る限りだとかなり経済的だ。

   発表後同社には注文が殺到、発売を延期することになった。4000円前後の4モデルを8月1日に、調光器対応などの機能を付けた5500円~8000円の上位モデルを9月1日に発売するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中