2019年 9月 19日 (木)

新聞とらないと選挙公報が届かない! これは時代遅れのシステムだ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   麻生首相が衆院解散を決断し、選挙ムードが一気に高まってきた。政権交代がかかった選挙だ。今度こそぜひ投票に行こうと思う人に、一つ気がかりなことがある。新聞をとっていないと、「選挙公報」が届かない場合があるのだ。

今は「全戸配布」のほうが主流

東京都23区のうち14区が「全戸配布」に移行している
東京都23区のうち14区が「全戸配布」に移行している

   選挙公報とは、候補者の写真やプロフィール、公約が掲載されている文書で、選挙管理委員会が発行する。すべての候補者の情報を一覧できるので、ふだん選挙のことを強く意識していない有権者には便利な情報源といえる。

   選挙公報は、公職選挙法にしたがって各地域の選管が配布する。ただ、選管の職員が直接配るのは現実的でないため、「新聞折込」で配達されるのが一般的だった。そのせいで新聞をとっていないと、選挙公報も受け取れないというわけだ。

   だが、20代、30代の多くが自宅で新聞を読まなくなっているご時世に、新聞購読者でなければ選挙公報が届かないのは不公平ではないか。そう思って、記者が住む杉並区の選管に聞いてみた。

「選挙公報を短時間で全戸に配布するのは物理的に無理があるので、新聞折込という方法をとっています。新聞をとっていない人のためには、区の施設や郵便局、銭湯などにも置いていますし、希望があれば直接送ることもしていますよ」

   ただ、何人かの杉並区住民に聞いてみても、選挙公報がそんな場所に置いてあることは知らなかった。ほかの区ではどんな対応をしているのか。試しに勤務地の千代田区の選管にも聞いてみた。するとなんと、千代田区では、郵送で全家庭に選挙公報を送っていた。

「もともとは新聞折込だったのですが、2007年の統一地方選挙のときから全戸配布に切り替えました。理由は、新聞購読率の低下です。特に若い人の購読率が大きく減っていたので、このままでは若い人に選挙公報を見てもらう機会が減ってしまうと考えました」(千代田区選管)

   実はこのような動きは、千代田区だけではなかった。東京都選管によると、いまではむしろ「全戸配布」のほうが主流なのだという。

「2007年ごろから全戸配布に移行する区が急増しました。千代田区のような人口の少ない区だけでなく、世田谷区や中野区のような人口が多い区でも全戸配布に切り替えていますよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中