2018年 7月 21日 (土)

09年上期の首都圏マンション発売26%減 「大量供給時代の終焉」

印刷

   2009年上期(1-6月期)の首都圏マンションの新規供給(発売)戸数は、前年同期比26.0%減の1万5898戸になり、前年実績を5年連続で下回った。不動産経済研究所が7月14日に発表した。

   マンションの売れ行きを示す契約率は上期平均68.6%だった。前年同期比で4.7ポイント上昇したが、好不調の目安となる70%を下回ったままだった。

   供給戸数は、首都圏の全エリアで減少。東京都区部以外は2ケタの落ち込みとなった。また、平均価格は1戸あたり4481万円、1平方メートルあたりで63.1万円となったが、ともにダウンした。

   不動産経済研究所は、下期も市場環境の好転が見込めず、09年の供給戸数を3万5000戸と予測。4万戸を割り込むのは1992年(2万6248戸)以来17年ぶりとなり、「マンション大量供給時代は完全に終焉した」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中