2019年 4月 24日 (水)

「絶妙バーガー」に「絶妙戦略」 ロッテリア「返金OK」が話題

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   ロッテリアが満を持して売り出した「絶妙ハンバーガー」は、「おいしいと感じられなければ返金に応じる」という大胆な試みを取り入れ、話題になっている。ネット上では返金を求める人が殺到したらどうするのかとの意見もあるが、専門家は「なかなか上手いやり方だ」と見る。

「おいしくないから金返せなんて言えるか?」

   ロッテリアが2009年7月16日に発売開始した「絶妙ハンバーガー」。12ミリ・80グラムの粗挽きのビーフパティ、フレッシュなレタス、トマト、玉ねぎをはさみ、西洋わさびソース・仏料理に使われるディジョンマスタードで味付けした。美味しいと感じられなければ、価格の360円の返金に応じるというのだから驚きだ。ただし、半分以上食べた場合は返金に応じず、1人1回まで、アンケートの記入が求められる。期間は7月31日まで。

   発売当日、さっそく「絶妙ハンバーガー」を食べてみたという人がmixi日記で、「ちょい辛めの塩加減がgood」「これだけ肉厚なパテなのに、たくさんの野菜が入っているため、食べたあともさっぱりしている(中略)。思わず、もう一つ食べたくなってしまいます」などと書き込まれていた。ある男性会社員(26)も、「粗挽き肉のボリュームには驚いた。噛み応えがあり、ステーキを食べているようだ」と話しており、評判も上々のようだ。

   もっとも、この返金に応じるという試み。ロッテリア広報は「商品の味・こだわり・品質をお客さまに約束したい。そんな意気込みでもあります」とアピールする。実際、「絶妙ハンバーガー」はあまりの売れ行きに一時は発売中止にもなった「絶品」シリーズの新作だ。そして、ロッテリアにとっては、1年以上の試行錯誤・開発を経た自信作でもある。

   かたや、ネット上では「日本人の性格を見抜いた戦略だな」「おいしくないから金返せなんて言えるか?」「DQNが大量に押し寄せるな」「考えようによってはただで半分までは食えるのか」といった書き込みもあり、ロッテリアの戦略は大いに話題になってもいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中