2018年 10月 21日 (日)

弁護士のテレビCM急増 出稿量は大企業並み

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   これまでテレビCMには縁のなかった弁護士事務所の広告出稿量が急増している。背景には、消費者金融などから借金した人が払いすぎた利息を取り戻す、過払い金返還請求と、それを巡る弁護士と司法書士との「依頼人の奪い合い」がある。10数人の事務所で、広告費に月間数千万円をかけているようで、「大企業並みのCM攻勢」(企業の広報関係者)なのである。

1社でスポット月3000~4000本が流れる

   世界的な景気悪化で企業が広告費をしぼっている中で、テレビCMの出稿企業が様変わりしつつある。自動車やAV家電などの商品CMの露出が減り、パチンコや通信販売などのCMが増えている。これに、最近目立ってきたのが弁護士事務所。これまでテレビCMとはほとんど縁がなかっただけに、目にした人はちょっとした驚きがあるかもしれない。

   たとえばITJ法律事務所は、「貧乏アイドル」の上原美優さんを起用して、こう呼びかける。

「どうしたの? 元気ないよ。」
「借金大変なの? 弁護士に相談してみたら?」
「・・・・・」
「借金の問題はITJにまかせよう。」

   また、ホームローヤーズのCMは、

「まさか自分が払い過ぎているとは思いませんでした。納得して返済していたのにお金が戻ってくるなんて、ビックリ! 親切だったし、思ったより、早く解決しちゃいました」

といった具合だ。

   こうしたCMの月間スポット本数は、多いところで1社3000~4000本を放映。しかも大都市部から地方都市までをカバーする徹底ぶりだ。CM制作費は1000万円近く、出稿料は月5000万円程度とみられる。広告代理店の関係者によると、「企業のテレビCMが減っている中での出稿だから、当然ディスカウントがある。通常だったら、今の1.5倍はかかる」とみている。

   いまが「お値打ち」価格ではあるようだが、テレビCMに新聞・雑誌、電車の車内広告などを合わせると、広告費は「年間予算は数10億円に上る」(前出の広告関係者)という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...