2019年 4月 23日 (火)

著名人の「なりすまし」 Twitterで相次ぐ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ミニブログTwitterの「なりすまし」事例が相次いでいる。ミュージシャンの小室哲哉さんやサイバーエージェント社長の藤田晋さん。そして、作家の村上春樹さんのアカウントも本物なのかと疑問を持たれている。Twitter社では、なりすまし対策として認証制度を取り入れているが、日本ではまだ行われていないらしい。

「とても丁寧な文章でなりすましてる」

   「Twitter」のなりすましは、かねてから話題になっていた。アメリカでは、ミュージシャンのカニエ・ウェストさん、俳優のロバート・デニーロさん、MLBセントルイス・カージナルスのトニー・ラルーサ監督らが被害にあった。カニエさんはブログを通じて、Twitterを利用していない、運営局は偽者を削除してほしいと要請した。ラルーサ監督にいたっては、Twitter社を相手に訴訟も起こしている。

   日本では2009年6月頃、ミュージシャンの小室哲哉さんを名乗る人物の書き込みが話題になった。ページには小室さんと思われる顔写真、ニックネームでは「tkomuro」を名乗り、自己紹介の欄にはリンク先として、小室さんが利用していたコミュニティーサイト「マイスペース」のページが貼られていた。だが、結局、これは偽物だったことが判明し、現在では該当のアカウントは停止されている。

   サイバーエージェントの藤田晋社長にも、なりすましがあった。藤田社長のブログ「渋谷ではたらく社長のアメブロ」(2009年6月10日)によると、藤田社長は「最近twitterやってますよね?」と社員に問われたところから、事態が発覚。偽者について「とても丁寧な文章でなりすましてる。笑」とおどけてみせたが、結局、間違われないためにも正しいアカウントを提示した。ちなみに、ブログ記事では「なりますました方へ・・もちろん全然怒ってないですよ~」とも付け加えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中