2019年 2月 20日 (水)

Wink鈴木早智子 ソフトAV出演を否定

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   アイドルユニットWinkの鈴木早智子さん(40)がブログで、スポーツ紙を中心に話題となっていたAV出演を否定した。

アダルトイメージビデオ? ソフトAV?

   鈴木早智子さんのAV進出は、夕刊フジに連載中の出版プロデューサー・高須基仁さんのコラム(7月23日発行)で明かされていた。記事によると、すでに撮影済みで、5000万円もの金が動いたという。翌24日には、発売元は芸能人専門のレーベルで「アダルトイメージビデオ」になるのでは、との推測を書いた。日刊スポーツ(24日付け)は、ソフトAVの出演であるとして、「本番」はないがセクシーシーン満載、美しいビジュアル作品だと報じていた。

   鈴木さんは、相田翔子さんとともに結成した人気ユニットWinkのメンバー。1980年代後半から90年代前半にかけて活躍し、「愛が止まらない~Turn It Into Love~」「淋しい熱帯魚」などのヒット曲で知られる。1996年3月からは活動休止が続いている。

   いずれにしろ、トップアイドルが脱ぐことには驚いた人も多く、ネット掲示場「2ちゃんねる」でも「うそぉ?!」「これは買う」などと大いに話題になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中