2020年 10月 28日 (水)

うそ証言「バンキシャ!」検証番組 誰が見る日曜深夜「24時50分」!

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   うその証言をもとに岐阜県の裏金疑惑を報じた、日本テレビの「真相報道バンキシャ!」の誤報問題をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)が同社に対して初めての勧告を出した。勧告を受けて、同社は検証番組を放送することを発表。ところが、放送されるのは日曜深夜の放送枠なのだ。他社の過去の検証番組は22時台が多いだけに、「問題を目立たないようにしたいのでは」といった憶測を呼びそうだ。

週明けの勤務を控えるなか、「注目度は低い」時間帯

   誤報問題をめぐっては、NHKと民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)が2009年7月30日、日テレに対して検証番組を放送するように求める「勧告」を出した。関西テレビの情報番組「発掘!あるある大辞典II」の捏造問題を受けて07年に同委員会が発足して以来、「勧告」を出すのは初めて。

   勧告では、証言がうそであることを見抜けなかった番組制作体制を批判した上で、岐阜県に業務妨害という実害を与えたことを問題視。09年3月に番組内で行ったお詫びについても、「放送法による訂正放送として不十分」と断じた。

   これを受けて、日本テレビは8月16日放送の同番組内で、検証結果をまとめたものを放送した上で、BPOの勧告を踏まえた検証番組を放送することを発表した。

   ところが、この検証番組が放送されるのは、翌8月17日0時50分から。言い換えれば、「日曜日深夜24時50分」。この放送枠は、日テレ系列局が過去に制作したドキュメンタリーを放送する「NNNドキュメント」と呼ばれるもので、ここ数週間で放送されたものは「生活保護ビジネス 福祉施設の『闇』に迫る」「こちら西伊豆、週末診療所 医師偏在に挑む」といった「硬派」なものだ。「見応えがある」枠だとも言えるが、多くの会社員が週明けの勤務を控えるなか、「注目度は低い」時間帯だということは間違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中