大阪府、11年ぶり黒字に 08年度、人件費抑制など効果

印刷

   大阪府は2009年7月30日、11年ぶりに黒字になったとする08年度の決算見込みを明らかにした。

   それによると、普通会計の実質収支が119億円のプラスとなった。内訳は、歳入が2兆7085億円で、前年度に比べ2.5%減。歳出は2兆6856億円で2.8%減だった。橋下徹知事が人件費抑制などに踏み切った効果だとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中