2018年 7月 20日 (金)

41.5%が「流産」経験あり 厚労省研究班調査

印刷

   厚生労働省研究班の調査で、妊娠経験がある458人のうち190人(41.5%)が流産の経験があることがわかった。2回以上経験したのは28人(6.1%)、3回以上は7人(1.5%)だった。共同通信が2009年8月2日に報じている。名古屋市立大の杉浦真弓教授(産婦人科)と鈴木貞夫講師(公衆衛生学)らが07年2月からの1年間に、愛知県岡崎市で健康診断を受けた35~79歳の女性に調査し、503人から回答を得た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中