2019年 9月 20日 (金)

ステロイド入り化粧品 ネット口コミだましの手口

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

「ステロイドを使っていないという題目に弱い」

   とはいえ、化粧クリームには、ステロイドが含まれていたため、全国の消費生活センターには、あまりの即効性を疑問視する相談が次々に寄せられた。

「ステロイドのリバウンドと同じような症状になった。使用前より悪化した」(東京都の30歳代女性)
「生後6か月の娘に使ったところ、半日で体がツルツルになり、塗ってない部位の炎症まで治まった。塗るのをやめて5日後には元通りガサガサで、塗った部分が白くまだらに色素が抜けたようになった」(兵庫県の20歳代男性)

   相談内容が深刻だったため、国民生活センターでは2008年7月、問題の「NOATOクリーム」を取り寄せて、テスト調査した。その結果、ステロイドとしては、5段階のうち最強ランクのプロピオン酸クロベタゾールが検出された。その含有量0.047%は、医薬品の製剤とほぼ同一だった。

   このステロイドは、湿疹や皮膚炎などの治療に使われるが、副作用として、皮膚萎縮、緑内障になる危険がある。医師もほとんど処方しないほどの強いステロイドだったというのだ。

   東京都でも、ステロイドを検出し、ラバンナへの立ち入り調査を行うともに、薬事法違反だとして、製造販売の中止などを指示。警視庁も08年10月、同社と関係先を家宅捜索し、立件の準備を進めていた。

   ネット上の口コミを使った悪質商法について、国民生活センターの危害情報室では、こう指摘する。

「すごいウソでも、ネット上では、本当っぽく感じられることがあるのでしょう。素人の体験談なので、本当かウソか見分けがつきにくいのでは。ステロイドには恐怖心が強いので、それを使っていないという題目に弱い。ネット上の書き込みを何となく信用してしまう消費者心理がうまく使われています。店頭販売でなく、ネット上の通販などを利用する場合は、特に注意が必要でしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中