2019年 2月 16日 (土)

「新インフル」企業マニュアル 「9月までに整備」が70%超

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本経済団体連合会の調査で企業の約80%が新型インフルエンザの感染予防・感染拡大防止策に着手していることがわかった。実施している対策の上位は、複数回答で「マスクや手袋など衛生用品・食糧の備蓄」(83.3%)、「新型インフルエンザ関連の情報収集・連絡体制の整備」(81.9%)、「職場における感染予防策・感染拡大防止策の策定」(79.3%)。今後1年間で重点的に取り組む予定の対策は「継続業務の絞込み・業務継続体制の整備」(46.0%)、「発生時対応訓練の実施」(27.3%)だった。また、感染予防や拡大防止に向けた社内マニュアルの有無では、09年6月1日時点で60.1%の企業が社内マニュアルを整備していて、09年9月末までに整備する予定の企業を含めると70%以上になっている。この調査は09年7月末に公表。6月に、日本経団連会員企業および東京経営者協会会員企業計2025社に対して実施。454社より回答を得た。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中