酒井法子容疑者「使用」でも送検 覚せい剤事件

印刷

   警視庁は2009年8月24日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕・送検されていた酒井法子容疑者(38)を、同法違反(使用)の疑いで東京地検に追送検した。東京都港区南青山の自宅マンションで覚せい剤を使用した疑い。

   酒井容疑者は、逮捕直後の尿検査では覚せい剤反応が出なかったものの、調べに対して「08年夏ごろから吸っていた」などと供述。その後、毛髪から覚せい剤成分が検出されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中