2018年 7月 21日 (土)

民主新政権に「期待しない」半数 若者100人に街角緊急調査

印刷

   新しい政権を担うことになった民主党に対して、若者たちはどう見ているのか、何を期待しているのか。J-CASTニュースは2009年8月30日、首都圏の20代~30代100人に緊急調査を実施した。その結果、「期待しない」が半数、「期待する」と答えた人も「自民よりはいい」といった消極的な支持が多かった。

「1回やってみて欲しい」「自民よりはいい」

   調査は首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)で20代~30代の男女100人を対象に実施。「民主党が政権を獲得する可能性が高まっています。民主新政権に期待しますか?」と聞いたところ、「期待する」と回答したのは100人中9人にとどまった。「多少期待する」35人を含め、期待する理由についてはそれほど明確ではなかった。

「特に理由があるわけじゃないけど、自民党から民主党になったら面白いかなと。やるんだったら期待したい」(25歳男性 IT会社)
「民主党は霞ヶ関とのしがらみが少ないので、官僚主導じゃなくなる。自民党もマンネリ。1回やってみて欲しい」(30歳男性 フリーター)

こうした、民主党を積極的に支持するわけではないが、「1回やってみて欲しい」「自民よりはいい」という理由が多かった。いわば、総選挙で民主が勝ったというより、自民が負けたという感じだ。

「いいことばかり言っているけど」

   また、「就職氷河期世代」では、「麻生さんには辞めてもらって、とにかく雇用をなんとかするべきだ」(34歳男性 IT会社)などの意見も目立った。

   一方、「期待しない」が50人とちょうど半数で、厳しい見方が寄せられた。

「民主はアンチ自民の寄せ集めって感じがする。マニフェストも現実的じゃなく、まだ自民党がまともに見えてくる」(27歳男性 貿易会社)

党首討論など、選挙戦を通して財源の手当てを問われることの多かった民主党。今回の調べでも政策の現実味のなさを指摘する人が多かった。

   「いいことばかり言っているけど、そのためにこれ以上税金が増えるのはきつい」(25歳女性 自営業)といった意見だ。「子ども手当」や「高速道路無料化」といった政策は、かえって国民の負担になるのでは、というわけだ。

   一方、「政治には興味がない」が6人だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中