13歳少女を「買春」14歳中学生 書き込んだ「JC募集」の意味

印刷

   14歳の中学生2年生が、インターネット上で知り合った女子中学1年生(当時13歳)を買春して摘発される衝撃的事件が起きた。神奈川県警によると、児童買春での書類送検で14歳というのはこれまでの最年少だという。

「おやじに触られるのやだという人来て」

   出会い系サイトで知り合った女子中学生に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課と麻生署は2009年9月1日、横浜市の私立中学3年の少年(14)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反と出会い系サイト規制法違反(禁止誘引)の容疑で書類送検した。

   少年は中学2年生だった09年2月20日、自宅から出会い系サイトに書き込み、3月1日、サイトで知り合った女子中学生(13)と相模原市の公衆トイレ内で現金6万円を渡してわいせつな行為をした疑い。

   県警によると少年は、携帯サイトの出会い系掲示板「援交 掲示板!」に自宅のパソコンから年齢を偽って

「男性18歳 神奈川 JC募集 中○生募集 かなり金あるから来て
援交したいけど おやじに触られるのやだという人来て」

   などと書き込んでいた。「JC」とは出会い系サイトなどでよく使われる隠語で、「女子中学生」という意味。県警のサイバーパトロールが書き込みを発見し、摘発につながった。少年は調べに対し。「親から月数万円の小遣いを貰い、十数万貯めていた。女の子に興味があり、出会い系サイトなら知り合いやすいと思った」と話しており、性交渉はしたことがなかったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中