2019年 7月 20日 (土)

ソニーウォークマン「4年8ヶ月ぶり首位」 アップル新製品で巻き返しは必至

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   iPodがウォークマンに抜かれた。調査会社BCNによると、約4年8カ月にわたって携帯オーディオプレーヤーのトップシェアを維持してきたアップルが、2009年8月最終週のランキングでソニーに首位の座を明け渡した。しかし、その差はわずか。携帯オーディオプレーヤーの2強によるつばぜり合いはしばらく続きそうだ。

「割安感」でシェアを伸ばしたソニー

2009年1月~8月の携帯オーディオ主要2社の販売台数シェア推移(データ提供:BCNランキング)
2009年1月~8月の携帯オーディオ主要2社の販売台数シェア推移(データ提供:BCNランキング

   BCNは9月2日、携帯オーディオプレーヤーの販売台数週次シェアを発表した。それによると、8月最終週(8月24日~30日)は、ウォークマンを販売するソニーが43.0%で1位だったのに対し、iPodで対抗するアップルは42.1%の2位にとどまった。アップルが首位から落ちるのは2005年1月第2週以来で、実に4年8カ月ぶりの王座陥落だった。

   アップルは初代iPod nanoを発売した直後の05年11月に6割弱のシェアを獲得して、日本の携帯オーディプレーヤー市場を席巻。一方、ソニーはわずか1割弱で明暗が分かれていた。しかし、ソニーは機種のバリエーションを増やすなどしてシェアを回復していき、09年1月第1週には33.3%まで戻した。その後も着実にシェアを伸ばし、ついにアップルを逆転した。

「平均単価は、アップルが約1万8000円なのに対して、ソニーは1万3000円を切っています。価格面の安さも、ソニーがシェアを拡大している一因でしょう」

とBCNのアナリスト・森英二さんは分析している。さらに、音楽も聴けるiPhoneの普及で、従来iPodを購入していた層がiPhoneに流れている影響もあるという。そのため、iPodの実売台数が右肩下がりで落ちていっているのが実情だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中