2018年 10月 21日 (日)

外山滋比古さんの「思考の整理学」、100万部突破

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古さんが書いた学術エッセイ「思考の整理学」(筑摩書房)が、2009年9月3日までに、累計発行部数100万部を突破したことがわかった。同書が発売されたのは1986年だが、2007年には盛岡市の書店員が書いた推薦文がきっかけで、再ブレイク。09年からは書籍の帯に、「東大・京大で一番読まれた本」というキャッチコピーを入れて話題となっていた。同書はタイトル通り、ものごとを考え、整理することのエッセンスを指南する内容となっている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...