2018年 5月 24日 (木)

「ペッパーランチ」でO-157感染、全国7店で

印刷

   ステーキレストランチェーン「ペッパーランチ」を展開するペッパーフードサービスは2009年9月5日、山口、東京、大阪、京都、埼玉、奈良、愛媛の7店舗で同社の「角切りステーキ」を食べた客11人が病原性大腸菌O-157による食中毒になった疑いがあると発表した。同社および保健所による調査結果がわかり次第、再度報告するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中