高速無料化の経済効果 「試算存在せず」はウソだった

印刷

   高速道路無料化による経済効果を国土交通省が2年前に試算していたことが2009年9月7日分かった。それによると、一般道の渋滞解消などで、経済効果を2.7兆円と見込んでいた。これまで政府では「試算は存在しない」と主張しており、民主党に有利だとして公表しなかったとみられている。

   高速道だけの経済効果は、渋滞増加などで年間マイナス2.1兆円となるものの、車が流れやすくなる一般道が4.8兆円のプラスとなるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中