日本航空、米デルタ航空と提携を検討

印刷

   経営再建中の日本航空(JAL)が米デルタ航空との資本・業務提携の交渉に入った。朝日新聞や読売新聞が2009年9月12日付朝刊1面(東京最終版)で報じるなどしている。デルタ航空の出資額は数百億円規模とみられ、日航の筆頭株主になる可能性がある。日航は利用者の減少などで、09年4月から6月の第1四半期連結決算が990億円の最終赤字に陥るなど業績不振が続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中