2019年 2月 22日 (金)

新型インフルエンザの「危険性」 「持病」なくても重症例増える

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   新型インフルエンザに感染した沖縄県の24歳の女性が死亡した。重症化しやすいとされる「持病」がなかったにもかかわらずだ。しかし、持病のない人が重症化するケースは意外とある。感染が拡大している沖縄では、死亡した女性を含めて7人の重症患者が出たが、このうち4人に持病はなかった。県は「持病がなくても重症化する可能性がある」と注意を呼びかけている。

沖縄では7人中4人が「持病なし」

   沖縄県は新型インフルエンザに感染した南風原(はえばる)町の女性(24)が2009年9月15日に死亡したと同日に発表した。

   県福祉保健部医務課によると、女性は8月26日から発熱し、医療機関を受診。簡易キットでA型と診断され(後のPCR 検査で新型インフルエンザ陽性を確認)、抗インフルエンザ薬「リレンザ」で自宅治療していたが、発熱が続いて呼吸困難の症状も出たために8月31日に再受診。ウイルス性肺炎による呼吸不全で緊急入院し、集中治療を行った。血管の合併症状が出て9月9日にクモ膜下出血を併発したことが死因となった。

   新型インフルエンザによる死者は感染疑いを含め全国で14人目。しかも女性は24歳と若く、最年少だ。糖尿病などの持病があり重症化して亡くなったケースがほとんどだが、女性に持病はなかった。沖縄県内では他に6人の重症患者が出ていて、このうち13歳と11歳の女児、10カ月の男児にも持病はない。亡くなった女性も含め重症化した7人中4人が「持病なし」だ。県医務課は医療機関などを通じ、「持病がなくても重症化する可能性がある」と県民に注意を呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中