2018年 12月 19日 (水)

大企業の景況感、7四半期ぶりにプラス 7-9月期

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   内閣府と財務省が2009年9月17日に発表した法人企業景気予測調査(09年7-9月期)によると、大企業(全産業)の景気判断指数(BSI)は0.3となり、7四半期ぶりにプラスに転じた。エコカー減税などの経済政策の効果や輸出の回復が寄与して、景況感も改善してきた。前期(4-6月期)はマイナス22.4だった。

   ただ、大企業の製造業は15.5だったのに対して、非製造業はマイナス8.6。また、中堅企業(全産業)はマイナス15.7、中小企業はマイナス36.7と「下降」超となっている。 大企業、中堅企業、中小企業ともに従業員数が過剰ぎみで、労働力の余剰感が拭えないでいる。

   なお景況判断は、自社の景況感について「上昇している」と回答した企業の割合から「下降している」と回答した企業の割合を引いて算出する。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中