2018年 7月 22日 (日)

酒井被告夫妻の別荘が全焼 不審火の可能性も

印刷

   覚せい剤取締法違反(所持および使用)で起訴された女優・酒井法子被告と夫の高相祐一被告が別荘として借りていた千葉県勝浦市部原の木造平屋建て住宅が燃えているのを、2009年20日午前4時ごろ、パトカーで巡回中の勝浦署員が発見した。

   火災は約1時間後に収まったが、住宅はほぼ焼失。けが人はいない。普段、人は住んでいなかったとのことで、勝浦署では不審火の可能性もあるとみて出火原因を調べている。

   同住宅内では警視庁の捜索で微量の覚せい剤が発見されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中