2019年 3月 20日 (水)

生キャラメルブーム一服? 田中オーナー「花畑牧場」300人離職

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   生キャラメルが爆発的ヒットした「花畑牧場」の様子が最近おかしい。2009年8月31日に札幌工場が閉鎖、派遣社員など300人の雇用が打ち切られ、次の就職先を見つけるのが困難な状態になっている。操業してから僅か1年の閉鎖。「効率化を図るため」という理由だが、生キャラメルブームが一巡し、それが響いたのではないかという見方も出ている。

「業務拡大に伴い業務内容の効率化を図る為」

   花畑牧場の札幌工場は08年7月に操業を開始。大人気の生キャラメルを1日約2万箱製造していた。従業員300人に「契約更新はしない」と伝えられたのは閉鎖の1ヶ月前だった。

「これからどんどん拡大する、と札幌に来たのに、なぜ1年で閉鎖なんだ、という声が出ました」

と札幌のハローワーク担当者は打ち明ける。生キャラメルブームが一巡したのが響いているとも考えられる。実際、生キャラメルのライバルメーカーは2009年春ごろから急に売り上げが失速し始めた、と明かす。

   花畑牧場は札幌工場の閉鎖についてJ-CASTニュースに対し、

「業務拡大に伴い業務内容の効率化を図る為、グループ会社の整理、再編を行っております。その一環として札幌工場を8月末にて一時閉鎖しました」

と説明している。雇用打ち切りについては、

「弊社は、契約の解消に先立ち、契約の相手方である派遣会社に対して、理由を説明し、そのご理解を頂いた上で、契約を解消しました」

としている。

   北海道新聞(09年7月24日)でも、工場閉鎖の理由を、

「今年新設した夕張、十勝の両工場に比べ手狭で、生産工程などが非効率になっていた。札幌工場の製造分は、販売動向を見ながら夕張工場や十勝工場で補う」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中