2018年 7月 23日 (月)

千葉法相、拉致容疑者の釈放嘆願を陳謝 死刑廃止議連からも外れる意向

印刷

   千葉景子法相は2009年9月29日、報道各社とのインタビューで、日本人拉致事件に関与した疑いで国際手配されている辛光洙容疑者(80)の釈放嘆願書に1989年に署名していたことについて、「うかつだった。結果的に誤解を招き、大変申し訳ない」と陳謝した。また、自身が参加している「死刑廃止を推進する議員連盟」についても、「距離を置いて、政府の一員としての役割に専念する」として、メンバーから外れる考えを明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中