子宮頸がんワクチン、国内承認へ 厚労省

印刷

   厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の薬事分科会は2009年9月29日、子宮頸(けい)がんの原因となるウイルスの感染を予防するワクチンを承認すると決めた、と各紙が報じた。グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」で、年内の発売を目指している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中