中小企業向けセーフティネット貸付 09年上期は4倍増

印刷

   日本政策金融公庫が資金繰りに苦しむ中小・零細企業向けに実施している特別貸付制度、いわゆる「セーフティネット貸付」の融資実績は、2009年4-9月期に2兆8722億円に上った。前年同期に比べて395%と大幅に増加した。

   四半期ごとでみると、第1四半期が前年同期比451%増の1兆5722億円、第2四半期が同344%増の1兆3000億円と高水準で推移。依然として中小・零細企業の資金繰り環境は、厳しい状況が続いている。

   なお、08年10月からの1年間の累計融資額は、4兆2645億円となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中